HOME>特集>家具の特徴と歴史、用途や購入方法について

主な詳細について

家具

府中家具は広島県府中市で生産している家具で、箪笥などの箱もの家具や婚礼家具を多く産出しており、「素材を吟味」「確かな技術」「洗練された仕上げ」の3つが特徴となっています。木口が凸凹になっている板同士を組み合わせる蟻組や長い溝をつけて凸部を組み合わせるホゾ組といった技法を駆使し、釘は木でできた木釘を使用して家具を仕上げます。テービルやテレビボードなどのダイニング家具やインテリア製品、ベッドなども開発しています。

始まりと発展

家具

府中家具は約300年ほどの歴史があり、広島県府中市で箪笥の製造をし始めたのが府中家具の始まりだと言われています。大正時代になると第一次世界大戦のバブルで家具の需要とともに職人の数も増加し、戦後には高級な婚礼家具を開発したことでさらに発展しました。

婚礼家具としての用途

府中家具は高級家具であるとともに婚礼家具としても有名で、和ダンスや洋服ダンス、整理ダンスの家具が3点が新婚生活のための婚礼家具として利用されています。他にも、大事な着物や小道具などを虫や湿気などから守るための収納としても使われています。

購入方法について

府中家具を購入する方法はいくつかあります。府中家具を取り扱っている販売店に行けば購入でき、オーダー家具の注文も可能です。ネット通販でも府中家具は販売されており、ネットで府中家具を購入することも可能です。