HOME>イチオシ情報>ダイコー照明は何故人気?購入する方法など紹介!

ダイコー照明とは?

LED照明のリーディングカンパニーであるダイコーは、技術力・プランニング力ともに高い会社として有名です。

ダイコー照明を購入する方法

  • ダイコーのHPよりインターネット通販で購入する
  • ビッグカメラ(家電量販店)で購入する
  • ビッグカメラ(家電量販店)のインターネット通販で購入する
  • ダイコー照明を取り扱っている照明器具店で購入する
  • 楽天のインターネット通販で購入する
  • Amazonのインターネット通販で購入する
  • ヨドバシカメラ(家電量販店)で購入する
  • ヨドバシカメラ(家電量販店)のインターネット通販で購入する
  • 大塚家具などの家具を取り扱っているお店で購入する
  • アイリスオーヤマなどのホームセンターで購入する

長所を生かして短所を補う

照明

LED照明器具を手がけるダイコー製品、人気のある『LZシリーズ』もあれば、エアコンと併用して節電できるシーリングファンや省エネになる誘導灯などの器具までがラインナップしています。家族全員が揃うのは昼間でなく、大概は夜ですし、その時間帯には明かりの存在は切っても切れない関係です。インテリアとした考えであれば、照明はあくまでも暮らしを彩るわき役です。選び方としては短所を補うことにあり、例えば、天井高が高い空間では天井を照らすことで高さや特徴を強調できます。天井高のある空間に陰影をつけたいときには、光源を隠した間接照明を選びましょう。均一な光が欲しいなら、広配光のダウンライトを選びましょう。

役割を持たせたニッチで楽しむ

照明

ダイコー照明器具は、節電・省エネ性能が魅力ですから、ちょっとした所に間接的に使いたい、そうした間接照明が人気取りしています。しかし、手に入れてみたものの、一体どのタイミングで灯せばいいのか、という使い方に難色も示されます。基準は、ちょっとしたニッチをつくることです。また、通過するだけの空間に設けるこうしたタイプの照明は、えてして使われなくなるものです。生きたニッチ照明をつくるには、その場所に明かりが灯ることの必然性や、思わず点けたくなってしまう遊び心が必要です。基準は、役割を持たせることです。例えば、玄関脇のフラットライトとして設けるにしても、夜間に点灯させておけば、常夜灯代わりになり、足元も安心でしょう。